女性に多いメニエール病とは?原因や予防法を知ろう

頭痛やめまいが突然起こるメニエール病、でもメニエール病とは一体どんな病気か知っている人は少ないのではないでしょうか。そこでメニエール病とはどんな病気なのか、原因や対策などメニエール病に関する疑問を徹底解説していきます。

メニエール病の原因や対策は?

最近頭痛やめまいがひどいと悩んでいる人もいるでしょう。その症状もしかしてメニエール病かもしれません。メニエール病は特に30代~50代女性に多い病気で、誰にでもなる可能性があるんですよ。ただあまり聞いたことがないという人も多いですよね。

そこで今回メニエール病とは一体何なのか詳しく解説!またメニエール病にかかってしまったときの対策や予防法も合わせて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

メニエール病とは?

そもそもメニエール病とは一体どんな病気なのか、詳しく見ていきましょう。

ストレスや疲労などが原因

メニエール病の原因は一体何なのかというと、実ははっきりとした原因はわかっていないんです。ただ一説によるとストレスや疲労などが原因でホルモンバランスが乱れ、自律神経に障害がでることでメニエール病を発症するのではないかと考えられています。

耳が水ぶくれを起こしている状態

メニエール病とは一体どんな病気なのかというと、内耳の病気です。内耳は骨と膜の2重構造になっていて、膜の内部には「内リンパ液」という液で満たされています。しかし何らかの理由でこの内リンパ液が過剰に増えてしまうと、蝸牛(かぎゅう)や三半規管・耳石器という部分に「内リンパ水腫」、つまり水ぶくれができてしまうのです。

ちなみに蝸牛は音を聞き取るための器官、三半規管と耳石器は平衡機能を司る器官になります。

そのため蝸牛が水ぶくれを起こしているときは「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」などの症状が、三半規管と耳石器が水ぶくれを起こしているときは「グルグル回転するようなめまい」や「フワフワした感じ」など主にめまいの症状が現れるんですよ。

主な症状はめまいや頭痛

メニエール病の主な症状にはめまいや頭痛などがあります。めまいは「回転性めまい」と呼ばれるもので、何もしていないのに急にグルグル回転するようなめまいが起きます。また頭痛はズキズキ痛む片頭痛などと違い、頭が重く圧迫されているような痛みが特徴です。

他にも耳鳴り・難聴・吐き気・平衡感覚を失うなどの症状があります。

 

治療は点滴や薬

メニエール病にはどんな治療方法があるのかというと、主に薬と点滴で行っていきます。

めまいや吐き気などの症状が現れているときは、抗めまい薬や吐き気止めなどが処方されますが、あまりにも吐き気などがひどいときは点滴で治療を行っていくんですよ。またメニエール病の原因は「内リンパ水腫」なので、こちらの治療も薬を使って行っていきます。薬には利尿剤を使い、徐々にリンパ液を減らしていく処置をとるのが一般的です。

ただメニエール病が悪化してしまい薬では改善できない場合は、手術を行うことも。手術は主に

  • 内リンパ嚢解放術…内リンパ嚢に穴をあけリンパ圧を減らし、症状を和らげる手術です。有効率は70%程度。
  • 前庭神経切断術…視覚の神経は傷つけずに、平衡感覚を司る前庭神経を切断する手術です。有効率は90%程度。

などがあります。

しかし手術は聴力を失うなどのリスクもあるうえ必ず症状が改善されるわけではないため、あくまで最終手段として用いられることが多いです。

他にも栄養療法や漢方などを使った治療法もあります。

メニエール病の対策は?

メニエール病になってしまったときの対策や、ならないための予防にはどうすれば良いのか詳しく解説していきましょう。

ストレスをためない

メニエール病はストレスが主な原因の一つと考えている為、ストレスを溜めないことも大切です。では具体的にどんなストレス発散方法があるのか、簡単に紹介していきましょう。

 

【大きな声を出す】

大きな声を出すことでたくさんの酸素が体内に取り入れられ、脳がすっきします。特にカラオケに行って大きな声で歌う、友人と楽しく会話するなどすると気分も上がるのでオススメです。

【運動をする】

運動もストレス発散に効果が期待できます。なぜなら運動をすることでリラックス効果や精神を安定させる働きがある、セロトニンやエンドルフィンが分泌されるからです。

また運動をすることで適度に疲れ、しっかり眠ることができるのもストレス発散に繋がります。

【趣味を持つ】

自分が好きなことをしている時間って、すごく幸せですよね。楽しいことをする時間を作ることで、ストレス発散に繋がります。

【お風呂にゆっくり浸かる】

お風呂に浸かると緊張が和らぎ、リラックスすることができるためストレス発散には効果的です。特にお気に入りの音楽を聴いたり入浴剤を使ったりすることで、気分も高まりよりリラックスすることができますよ。

仕事は前もって病気のことを伝え無理をしない

メニエール病を発病してしまうと、いつめまいや頭痛などに襲われるかわかりません。そのためメニエール病と診断されたら、まずは上司に病気のことを伝えましょう。

事前に伝えることで、会社側も何らかの配慮をしてくれることもありますし、万が一症状が出てしまっても対処しやすいです。上司以外にも同じ仕事をしている同僚などにも伝えておくのも、良いでしょう。

またメニエール病は疲れやストレスなどが主な原因と考えられているため、くれぐれも無理はしないよう心がけてくださいね。

規則正しい生活を心がける

メニエール病を予防するためには、規則正しい生活を心がけることが大切です。特に睡眠不足による疲労は、メニエール病の原因の一つとも考えられています。そのため夜更かしはせず、できれば7時間程度を目安にしっかり睡眠をとるようにしましょう。

またウォーキングやジョギングなどの軽い運動で体を動かしたり、バランスのとれた食生活を送ることも大切です。

食事を見直し、不足している栄養素を補う

「規則正しい生活を心がける」でも少しお話ししましたが、食事も重要なポイントです。特に塩分の多い食事は、メニエール病の発作を誘発する原因にもなるため注意してください。

また

  • 血行を良くし耳に酸素を運んでくれる「食物繊維」                          ※インゲン豆やエンドウ豆などの豆類・しそ・パセリ・さつまいもなど
  • 末梢神経の働きに必要不可欠な「ビタミン類」                           ※牡蠣・サンマ・あさりなど
  • ホルモンバランスを整え自律神経の乱れを正す「酵素」                      ※酵素ジュースやサプリメント

などを中心に、3食バランスのとれた食生活を心がけましょう。

ただ積極的に摂取したい栄養素に酵素があるのですが、酵素って食べ物から摂取するのって難しいですよね。またバランスのとれた食事が取れない人もいるでしょう。そんな人にオススメなのが、「山田養蜂場 蜂の子」です。

「山田養蜂場 蜂の子」は生後20日目のオスの蜂の子のみを使ったサプリメントで、

  • 体内で作ることができない必須アミノ酸9種類
  • 体を作るもととなるアミノ酸12種類
  • メニエール病の改善も効果的なビタミン類14種類
  • 健康に不可欠なミネラル類11種類
  • 血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸

など、酵素はもちろんメニエール病に有効とされる栄養素が豊富に含まれています。またいつどこで誰が採取した鉢の子を使っているのか、原料に農薬や抗生物質などが使われていないかしっかり検査されているため、安全性も優れています。また錠剤タイプなので、飲みやすいのも嬉しいですよね。

 

購入はこちらから

内容量:125粒 価格:1個4,937円(税込)・2個8,850円 送料無料

https://www.3838.com/spo/input/k012/?s2cid=7dd7539d735141a9520c5fd92b1ec4718b8b5bf0&prid=pli_ac_aaf_A19_G1041&sc_cid=pli_ac_aaf_A19_G1041

 

メニエール病の原因や対策を知って快適な毎日を過ごそう

メニエール病は一度患ってしまうと治りにくい病気と言われています。特に悪化してしまうと手術などを行わなければならず、リスクも上がってしまうため、症状が軽いうちに適切な治療を受けることが大切です。ただ普段の生活を少し気を付けるだけで症状が和らいだり予防することは可能なので、ぜひ今回紹介した対策を実行して快適な毎日を過ごしてくださいね。