辛い坐骨神経痛−その主な原因や治療法は?

坐骨神経痛とは誰にでも現れる可能性がある症状です。持病も原因も思い当たらないのに、腰から下の違和感やしびれ…それはひとつのサインかも。他人事では済まされない、坐骨神経痛について概要から実践的なセルフケアまで、わかりやすくご説明していきます。

坐骨神経痛について

そもそも病名ではなく、坐骨神経が走行している経路と分布する領域に痛みがある症状の総称です。骨盤内部から足の先までを通っている坐骨神経が、様々な原因によって刺激や圧迫を受けることで症状が現れます。腰痛の発症に続いて、お尻や太ももの後ろ、すねやふくらはぎ、足先に痛みやしびれが広がり、ひどいときには麻痺や痛みによる歩行困難といった症状がある疾患の総称を坐骨神経症と表現しています。

坐骨神経痛とは

坐骨神経ってなに?

腰椎(背骨の腰部分)から仙骨(尾てい骨)にかけてのレベルから左右の足に広がって伸びていく神経です。医学的に言うと、第4,5腰椎(L4,L5)と第1〜3番仙骨 (S1,S2,S3)の神経から下肢の総腓骨神経と脛骨神経に分枝していきます。下半身の広い部分を走っている太くて長い神経なのです。

具体的にはどこが痛くなる?

腰痛から始まることが多いですが、坐骨神経が走行している範囲(お尻〜太もも〜足先)であれば、どこでも症状が出る可能性はあります。原因となる場所にしびれや痛みの症状が出る場合と、原因と離れた場所に症状が出る場合があります。

男女差や起こりやすい年齢は?

中高年以上の方に多く見られますが、原因により年齢や性別は様々です。原因として最も多い腰椎椎間板ヘルニアは男性が女性の2倍です。

坐骨神経痛にも種類はある?

検査しても神経圧迫の所見がなく、何が原因なのかわからないものを症候性坐骨神経痛と言い、最も多いタイプです。他に圧迫されている坐骨神経の場所によって梨状筋性、根性、腰椎性などと分類されることがあります。

坐骨神経痛の原因

何らかの原因で坐骨神経が刺激されたり、圧迫を受けると発症します。しかし原因不明のものが大半を占めます。疾患としては、若い年代では腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になるとほとんどが腰部脊柱管狭窄症を原因として発症します。腰や背骨の不調以外にも原因は存在します。

  • 腰椎椎間板ヘルニア→坐骨神経痛の原因疾患として最も多いとされています。20〜30代の男性に多く、仕事の内容や生活習慣の他、遺伝的要因があるとも言われています。背骨と背骨の間のクッションである椎間板が潰れることで、坐骨神経が圧迫されてしまうのです。
  • 腰椎分離症→青少年期の男性に多く発症します.スポーツによる疲労骨折が原因とも言われています.
  • 腰椎(変性)すべり症→中年以降の女性に多く、症状は比較的重症で、腰痛や足のしびれ、痛み以外に歩行困難の訴えることもあります。
  • 腰部脊柱管狭窄症→様々な分類がありますが、先天性のもの以外では50代以上の方に多くみられます。加齢による変化で脊柱管(脊髄が走っている背骨の隙間)が狭くなり、坐骨神経が圧迫され、痛みや麻痺、歩行障害を引き起こします。
  • 梨状筋症候群→お尻の奥を横切るような筋肉が梨状筋で、その中を走る坐骨神経がスポーツやケガで圧迫されると症状が起こります。
  • 仙腸関節障害→骨盤の仙骨と腸骨の間の関節に何らかの原因で発生した障害で、関節についている細い腱や靭帯,筋肉の動きが悪くなること起こります。
  • 脊椎や脊髄の腫瘍、骨盤内の腫瘍→神経の物理的な圧迫によります。
  • 妊娠→初期に分泌されるリラキシンという女性ホルモンにより、骨の関節をつなぐ靱帯が緩みやすくなり、骨盤や恥骨が開いて神経を圧迫します。また、妊娠後期には大きなお腹により背骨が反ることで腰に負担がかかります。
  • 感染症
  • ストレスなど精神的、心理的要因

坐骨神経痛の症状

腰痛が慢性化し、お尻、太ももから下の足にかけて、しびれるような痛み、広く散らばるような痛み、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状が出てきます。初期の段階では歩く度にお尻や太ももにビリビリとした痛みを感じ、症状が進んでくると、安静時や睡眠時など身体をどんな状態にしていても激痛が走るようになります。

  • いつもお尻(腰、太もも、ふくらはぎ、かかとなどの下肢)に痛みやしびれがある
  • 腰痛があり,同じ部分にしびれや違和感がある
  • 足が痛くて、少しの距離でも歩けなくなる
  • 足の裏に正座後のしびれのような感覚があり、力が入りにくくなる
  • 足の裏の皮膚が厚くなったように感じる
  • 腰痛がありながらも、足などの腰とは離れた部分にしびれや痛みがある
  • 前屈や後ろぞり,腰をかがめたり捻り動作をすると痛みが強くなる
  • 腰やお尻、太もも、足を触ってみると感覚がおかしい
  • 痛みを楽にするため、歩き方がおかしくなっている
  • 麻痺,違和感など症状のせいで排便や排尿に支障をきたしている  など

坐骨神経痛の治療法

原因にかかわらず、症状を軽くすることを目標にします。痛みを感じたときの応急処置として冷湿布の使用は絶対にいけません。患部を冷やすことで痛みが強くなるため、温めるようにしてください。

  • 薬物療法→一般的な痛み止め、神経痛のための痛み止め、筋肉の緊張をやわらげる薬、血流を改善する薬など
  • 神経ブロック療法→局所麻酔薬を注射して神経に痛みが伝わるのを遮断
  • リハビリテーション(理学療法)→運動やマッサージなどによる機能回復
  • 認知行動療法→痛みについて正しい認識をして日常生活での行動を見直す
  • 脊髄(脳)刺激療法→電気信号による脳への刺激で痛みを取り除く
  • 手術→原因が明らかで、他の治療で効果が見られない場合

坐骨神経痛の治療はどこでできる?

  • 病院やクリニック(整形外科、麻酔科・ペインクリニック)→治療だけでなく原因を見つけるための各種検査もしてもらえます。
  • 鍼灸院
  • 指圧マッサージ
  • カイロプラクティック
  • 整体院

坐骨神経痛の予防・改善

生活習慣を見直すことが大切です。無理はせず、わからないときは専門家に相談しましょう。

  • 正しい姿勢の保持→横座りや体育座り、猫背や足組みを避ける。
  • 冷えの予防→下半身を冷やさないよう、夏でも靴下を履くなどの対策を。
  • 肥満に注意→体重増加は腰への負担を大きくするので適正体重を維持。
  • 体幹トレーニング→姿勢保持や運動不足にも効果的.無理のない範囲で。

坐骨神経痛のセルフケア

  • ストレッチ→筋肉のこわばりをなくすため、無理のない程度のストレッチが効果的です。痛みが激しいときを避け、お風呂上がりなど血行の良いときに行うようにしましょう。原因となる筋肉や症状によって効果的なストレッチがいくつかあります。梨状筋ストレッチ、仙腸関節障害のためのストレッチ、ハムストリングストレッチ、内転筋ストレッチ、腰方形筋ストレッチなど
  • ツボ押し→飲食後、発熱時、妊娠時、体調不良のときは避け、周辺にケガや異常がある部位のツボは押さないようにしてください。指の腹で3〜5秒強めに押してから素早くパッと離します。
  • マッサージ→ツボ周辺を手の平全体か指全体を動かし、イタ気持ち良いくらいの力加減で揉むようにします。
  • 市販のお灸→正しい知識を持っている方のみ行ってください。

日々の心がけで予防とケアを

坐骨神経痛と上手につきあっていくために最も大切なことは、毎日の予防とケアです。概念や症状、治療方法などについて一通りご説明させていただきましたが、原因は1つとは限りませんし、病気ではないこともあります。痛みが出てしまっても、原因がはっきりしなくても、生活習慣を見直すことで症状を改善することが可能です。坐骨神経痛の予防やセルフケア(ストレッチ)は直ぐにでも実践できるものばかりですから、無理せず自分にあったものを取り入れ、痛みの少ない快適な生活を送りましょう。